FC2ブログ

自転車の荷台カバーを手作り

夏の日差しで色落ちが激しいので

雨用 晴れ用と2種類作られました

水をはじく雨用のカバーです。

荷台の代わりにミシンに被せて撮影しました。

荷台カバー1

こちらは晴れ用です。

最初ご自分で型紙を作らずに布に計算して図面を書いて

組み立てだしたら長さが合わずタックが寄り

「なんで~?」と質問され

「縫い代を付けた所の長さを合わせてもダメで

縫い代のない縫い合わせる所の長さを合わせてね。」と説明しても

なかなか理解してもらえませんでした。

わからんまま説明通りに縫って

やっと理解してもらえたようですね。

荷台カバー2

荷台カバー使わない時もかけているほうが

劣化しにくいそうです。

あなたも 小物作りから始めてみませんか

       佐々木ソーイング教室 佐々木 朋子

お問い合わせは℡090-2193-6832佐々木までお気軽にどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

ママ先生

Author:ママ先生
松坂屋ドレスメーカー女学院を卒業後 読売文化センター講師 
ジャノメミシンソーイングアドバイザーを経て
茨木市立生涯学習センター洋裁講師 
三島小学校放課後ミシン教室のミシンの先生などをしながら
茨木市総持寺駅前で「佐々木ソーイング教室&家庭料理のお店 花のれん」をしています。
ビールとお料理が大好き。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる